商品情報

全身シャンプーのデメリットとメリットを徹底調査!【実際に使ってみた感想】

全身シャンプーのデメリットとメリットを徹底調査!【実際に使ってみた感想】

1本で全身使えるとミニマニストからも注目されている全身シャンプー。

敏感肌でも使え手肌に優しいと話題になっています。

でも本当に1本で髪はきしまないのかなど全身シャンプーのデメリット・メリットはどうなのか気になるところ。

全身シャンプーのデメリットとしては『リンス使用時よりは髪はきしむ』や『肌タイプによってヌルヌル感が残ると感じたり、突っ張ると感じる』という声がありました。

メリットは

  • リンスが不要なのに髪がきしまない
  • 敏感肌でも使える
  • 1本で済むのでバスルームがスッキリする
  • 旅行やお出かけに持って行くのに便利
  • コスパが良い

と言うようにメリットを感じる声が圧倒的でした!

結論から言うと

  • 敏感肌なので肌荒れしないシャンプーを使いたい
  • 全身1本で楽に洗いたい
  • 全身1本で洗ってコスパを良くしたい
  • バスルームをすっきりさせたい
  • 旅行などの荷物を少なくしたい

と言う方に全身シャンプーはおすすめな商品になっています。

詳しいメリット・デメリットについて本文でも紹介していますので参考になれば嬉しいです。

 

全身シャンプーの3つのデメリット|髪はきしまないの?

全身シャンプーのデメリットとメリットを徹底調査!【実際に使ってみた感想】

オールインワンで手軽な全身シャンプーですが、一つにまとめたことでそれなりにデメリットもあるようです。

そこで、どのようなデメリットが挙げられているのかをみていきたいと思います。

 

①リンス使用時よりは髪はきしむ

『髪が少しパサパサ感ときしむ感がある』という風に、リンス単体の時に比べると指通りが悪く潤いが不足しているというような内容があります。

今までコンディショナーなどをシャンプーと分けて使用していた方にしてみると、成分が違ってきますから違和感があって当然だと思います。

ただ、こちらも感じ方は人によりけりで、元々オイリーな髪質が悩みという方にとってはちょうどよいかもしれません。

『髪を乾かすとパサつきが随分と落ち着きまとまった』という声もあり、しばらく使い続けて様子を見るのもよさそうです。

 

②顔を洗うとつっぱる

『顔を洗うと皮膚がつっぱる』というデメリットも挙げられますが、こちらも個人差が大きいと思います。

その時の肌のコンディションによるかもしれません。

洗顔後(全身シャンプー)、化粧水・乳液と普段通りにお手入れをしてみて落ち着くのならそんなに合っていないということもない気はします。

または、ご自身の肌タイプにあった全身シャンプーを他に探してみるのも一つの選択です。

 

③洗い流してもヌルヌル感が残る

『丁寧に濯いでもぬめりが取れない』という声もありました。

こちらは敏感肌の方向けの全身シャンプーかもしれないです。

特に、小さなお子さん用の全身シャンプーではそういう声が多い気がします。

でも、入浴後にボディオイルを塗る必要はなくなりますよね♫

色々天秤にとって検討してみて下さいね。

 

全身シャンプーの5つメリット|使って良かったこと

全身シャンプーのデメリットとメリットを徹底調査!【実際に使ってみた感想】

続いては、全身シャンプーを使って良かったメリットを5つご紹介していきます。

 

①リンスが不要でも髪はきしまない

全身カサカサで髪もまとまりにくかったのが、全身シャンプーを使ってみるとしっとりとまとまりがよくなりました。

親子で使用していますが、高校生の娘はそこまで今までと変わらないともいっているので、髪質によって仕上がり感はかなり個人差があるようです。

 

②敏感肌・肌が弱くても使える

乾燥肌で今まで肌トラブルに悩んできました。

全身シャンプーを使ってみると、きめ細かな泡立ちで保湿がしっかりされています。

入浴後の痒みもなくて、冬でも殆ど乾燥しませんでした。

痒くてボディクリームが必須だった方にすると、手放せない優れものになりますね。

 

③コスパが良い

何はともあれ、シャンプーからボディソープ、洗顔までそろえることを考えると、トータルコストは格段に下がります。

家族みんなで使うとなると、更にコストダウンになりますね。

ただ、肌タイプや髪質など家族で異なるのなら、商品選びは慎重にして下さいね。

 

④旅行に持って行くのに便利

旅行をする時、準備がとっても大変です。

特に、女性はアイテムが増えるので荷物が嵩張って…は旅行につきものでした。

ホテルにアメニティがあったとしても、リンスインシャンプーや安いボディソープで泡立ちが悪かったという経験もあると思います。

そんな時、全身シャンプーはかなりお助けアイテムになってくれます。

普段はシャンプーだけは別のものを使っているなんて方も、旅行の時にはこれ1本で済まされる方も多いですよ。

 

⑤バスルームがすっきりする

いうまでもなく、シャンプー、ボディソープ、石鹸、洗顔、子供用のボディーソープなど色々と並べているとお掃除も大変だし場所もとります。

そんな時、全身シャンプー一本だとバスルームが見事にスッキリします。

ボトルの下の滑りとりもラクチンですし、お掃除の手間も随分と省けます。

 

全身シャンプーのコスパは本当にいい?実際に使ってみた所感

全身シャンプーのデメリットとメリットを徹底調査!【実際に使ってみた感想】

ミノン全身シャンプー(450ml):1,318 円
JamLabel 無添加全身用シャンプー(500ml):5,555円
家族のためのシャンプー(555ml):2,780円

です。

価格には幅がありますが、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、洗顔など家族全員を足して比較をしてみて下さい。

私は元々のシャンプーやボディソープは市販の400円ぐらいのものを使っていましたが、洗顔料が少し高かったのでかなりコスパがよくなりました。

バスタイムの時間もグンと短縮されたので、毎日僅か数分ですが時短になり得した気分です。

 

全身シャンプーを選ぶ時のポイント

全身シャンプーのデメリットとメリットを徹底調査!【実際に使ってみた感想】

ここまでで、全身シャンプーのデメリット・メリットをお伝えしてきました。

では、いざ選ぶとなった時のポイントを性別・そして赤ちゃんの場合に分けてご紹介します。

男性

僕たち男性の場合は髪が短いので、髪というよりも体や顔がさっぱり洗いあがるかが重要だと思います。

自分は油ののった年齢なので、しっとりタイプよりはさっぱりを好んでいます。

若い男性などはしっとりするタイプがいいかもしれません。

女性

髪質やお肌のタイプによって選ぶことをおすすめします。

洗髪やボディ、洗顔は全身シャンプーで一気に洗い上げているけど、髪のまとまりをもう少しプラスしたいという場合、コンディショナーやヘアパックをプラスで使うのがいいですよ。

また、濃いメイクをしている、ウォータープルーフの化粧下地やマスカラをしているという方は、メイク落としをしっかりして洗顔もダメージを受けたお肌をいたわるために分けられた方がいいかもしれません。

赤ちゃん

赤ちゃんは皮膚が薄く敏感なので、合う全身シャンプーが見つかるまでそろりそろりと使用されるといいですよ。

うまくいけば、入浴後のベビーオイルを塗らなくて済むケースもあります。

髪は短いのでそれほど気にしないで、とにかくお肌への影響をメインに選んでみて下さい。

 

まとめ

1本で全身使えるとミニマニストからも注目されている全身シャンプーの評判をご紹介してきました。

既に使っていて他の方の口コミが気に合っていた方、今から使おうか迷っている方いらっしゃると思います。

私は全身シャンプーを使い、コスパももちろんですがとにかくバスタイムが楽ちんになったことが最大のメリットだと感じています。

気になる方はメーカーも商品も色々ありますので、口コミなどを参考にご自身に合うものを探してみて下さい。