エンタメニュース

サガリバナ伝説とは?サガリバナがシヤカナローの花?

サガリバナ伝説とは?サガリバナがシヤカナローの花?

サガリバナ伝説とは?サガリバナがシヤカナローの花?

2021年1月17日(毎週日曜よる9時~)日曜劇場

綾瀬はるかが主演を務める『天 国と地獄 〜サイコな2人〜』が放送を開始しました!!

初回から大きな話題となっていて、今後の行方で盛り上がっています♪♪

ドラマに出てくる【サガリバナ伝説】。

この伝説が今、SNSで話題になっています。

サガリバナ伝説とは?サガリバナがシヤカナローの花?

調べてみました。

では、早速見てみましょう♪

サガリバナ伝説とは?

サガリバナ伝説とは?サガリバナがシヤカナローの花?

ドラマでモデルとなった「サガリバナ伝説」のモデルとなったお話があります。

鹿児島と沖縄の間程に位置する喜界島に伝わる昔話「月と太陽の伝説」です。

「月と太陽の伝説」は、喜界島で昔から話継がれてきたお話です。

こちらが内容となっています。

空をポカポカ照らしている太陽は、本当は夜の月であるはずでした。

反対に、夜を優しく包む月は太陽であるべきだったのです。

 

ある夜、太陽と月はこんな約束をします。

「どちらかのお腹でシヤカナローの花が咲いたら、咲いた方が昼の太陽になる。」

咲かなかった方は、夜の月になるのです。

その夜、シヤカナローの花は月のお腹で咲きました。

太陽は、月より先に目が覚め、自分が太陽になりたかったので、自分のお腹にその花を植え替えました。

それからは、太陽が昼に。月が夜になりました。

しかし、太陽はしてはいけない事をしてしまったので、眩しくて誰も直視できない姿になってしまいました。

月の方は、いつまでも見ていられる美しい姿になりました。

話は以上ですが、彩子はこの話を自分達に当てはめ、シヤカナローの花があれば元に戻れるんではないかと、伝説が言い伝えられている奄美大島に向かいます。

 

サガリバナがシヤカナローの花?

サガリバナは、一夜限り咲く幻の花です。

サガリバナ開花時間は日が落ちる頃で、夜明け頃には散ってしまう儚い花です。

この花は、シヤカナローの花と言われています。

神秘的ですね♪

一晩しか咲かない花にこの伝説♪

ピッタリです♪♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今後の内容に大きく関わってくるだろうサガリバナ。

謎の多いドラマですが、本当に見逃せないですね!!

以上、

サガリバナ伝説とは?サガリバナがシヤカナローの花?

でした♪