トレンド情報

上司が嫌いでもう限界!ストレスを溜める前にやるべき3つの対処法!

上司が嫌いでもう限界!ストレスを溜める前にやるべき3つの対処法!

仕事を始めれば必ず出現する存在『上司』。

テレビドラマに出てくるようなかっこよくて面白くて憧れる上司なんてそうそういませんよね。

尊敬まではできなくても毎日の仕事が順調に進むようにしてくれれば「上司ってありがたい」って思えます。

でも世の中にはそれすらできない上司もいるもんです。

上司になれば誰でも立派な人間になるわけじゃありません。

上司になるような器じゃない人だって上司になっちゃうもの。

私も職場運は正直0だったのでよーくわかりますw

ここでは私の体験談も踏まえ、上司が嫌いすぎて限界!と思ったあなたのために実際に私がやってみたベストな3つの対処法をご紹介します。

会社(職場)の上司が嫌いでもう限界!ストレスが態度に出るのってアリ?

上司が嫌いでもう限界!ストレスを溜める前にやるべき3つの対処法!

最初は「何かイヤだなー」と思っても苦笑いでもしながら、話に付き合ったり、上司のご機嫌を取ろうと努力するんですよね。

でもそういう上司に限って、どんどんつけ上がって調子に乗って態度も行動もどんどんエスカレートしてくる!

こっちも我慢の限界に達してしまうと嫌いな気持ちを隠せなくなって、つい態度に出ちゃう出ちゃう。

人間だもの我慢するのも限界があるからしょうがない!

でも職場となれば他の社員さんがいたり、仕事にも影響が出たら嫌ですよね。

そこで嫌いすぎてつい取りがちな態度についてありなのかなしなのか調べてみました。

うざいから話したくない!態度に出すのってOK?

うざすぎる上司とイヤイヤ話しているとイライラした態度が思わず出てしまいますよね。

「でも〇〇ですよね!?」

とか反論したくなるのも当然です。

だって尊敬できないんだもん!

ちょっと先に生まれて先に仕事してるからって中身もないお前が偉そうに言うな!

とか思っちゃうんです。

で、それがつい態度に出ちゃうんですw

実は私も社会人なりたての時は本当にそうでだったのでよーくわかります。

年を重ねてきてやっと

「あの時の私って生意気だったなー。嫌な新人だったなー。」

と若かりし頃の自分を遠い目で見つめ直せるんですw

だから態度に出してしまっても仕方ない!

だってそれが人間だから!!!

態度に出された上司もそれが経験になるんです。

そして「あの時の自分もこんなだったなー。生意気だったなー」

って遠い目で自分を見つめ直してるはずです。

世の中から自分の嫌いな人はいなくならないで、1人嫌な上司が去ったら、また嫌な上司が登場するでしょう。

でも『嫌な上司』という場数を踏むことで、気づけば態度に出さないように対処できるようになったりするもんです。

そうなったあなたは社会人としてかなり立派に成長している証拠でしょう。

でもこの辺りは持って生まれた性格も大きく関わってくるので無理は禁物です。

無視するのはアリ?

嫌な上司に話しかけられると、話したくないしつい無視したくなってしまいますよね。

私もこれやったことありますw

若かりし頃、上司に「〇〇取ってもらえる?」と言われても無視。

と言っても完全無視は勇気がなくて、無言で頼まれたものを渡すという…

他の社員さんの目もあるし、後々のこと考えると上司にはやっぱりそこまではできなかったです。

逆に私は新人の時にお局的な女性の上司からイジメにあい、職場全員からフル無視された経験があります。

フル無視なのに私の席にはそのお局上司から長々と罵声や文句を書き連ねた手紙が毎日置いてあるんですよ。

さすがにストレス性胃腸炎を起こし、仕事も行けなくなりました。

それでも頑張って出勤するとまたお局上司からの手紙が置いてあり

「お前が休んだせいでこっちは大変だったんだ!責任感がなさすぎる!」

と文句が書いてあるわけですよ。

そんなんで仕事行けるかっつうのって感じでした。

今思えば中途半端な仕事をしていた私にも原因があったと理解できます。

される方にも原因があるとは言え、やっぱり無視とかイジメのようなことはしてはいけないと思います。

どんなに嫌いでもそのせい人間性に欠ける行動は取りたくないなと思います。

嫌いと伝えるのはアリ?

私の場合、上司と口論になった時に『〇〇さん(上司)のそういうところが嫌いなんです!」って言っちゃったことはありますw

売り言葉に買い言葉で出た「嫌い宣言」だったので、その場はお互い言いたいことを行って逆にスッキリしてました。

ただいきなり何の前触れもなく「あなたが嫌いです」っていうのはなかなかハードル高いかもしれないです。

どんな嫌な上司でも人間なのでいきなり「あなたが嫌いです」って言われたらかなりメンタル的にキツいです。

やっぱりこの辺りも自分が人としてどうなんだってことはしたくないなと思います。

陥れるたり仕返しするのってアリ?

陥れたり、仕返しはさすがしませんでしたが、ちょっと近いことはしたことありますw

まあ、その上司(その職場自体)はそもそもかなり特殊なタイプだったのもあるのでみなさんは絶対真似しないでくださいw

職場の上司(小さな会社の社長)と職場のメンバーで飲み会をした時の話です。

(飲み会するくらいなので険悪ではなかったんだと思います。)

お店を1件目から2件目に移動している時に、その職場で一番長く働いているAさんに上司(小さな会社の社長)が何か文句を言って、道路で軽く突き飛ばしたんです。

それで上司(小さな会社の社長)は帰っちゃったんですよ。

その後電話しても出ないから、頭にきた私は上司(小さな会社の社長)の留守電に

「Aさんが怪我したんで救急車呼びました。警察にも被害届出しましたんで」

って留守電に残すという…

翌日、上司(小さな会社の社長)から何度も電話が来てましたが出ませんでした。

(二日酔いで具合悪くて出れなかっただけw)

その間に突き飛ばされたAさんが解決してくれてたってことがありました。

Aさんは上司(小さな会社の社長)のお母さんにも信用されていて、家族のような付き合いをしていました。

だから許されたことかなと思います。

上司(小さな会社の社長)はいわゆる親のスネかじりのお坊ちゃんで、マザコンていうか小5くらいの精神状態のまま大人になってしまったような人でした。

だから働いてる側もめちゃくちゃ振り回されたけど、何か憎めない所があったんです。

今となって思えば、あり得ないことがたくさん起きる職場だけど面白い職場でした。

今まで職場で知り合った人で、今でも連絡を取り合っているのはAさんだけです。

これはかなり特殊な例だと思うので、普通じゃあり得ない話だと思います。

嫌いな上司でも人を陥れるようなこと、自分が『人としてどうなのか』ということはするべきではないなと思います。

上司の嫌いなところワースト3!

上司が嫌いでもう限界!ストレスを溜める前にやるべき3つの対処法!

顔も見たくないくらい嫌いになってしまう上司は一体どんなところが嫌われるのか気になるます。

上司の嫌いなところワースト3を調べてみました。

ワースト①そもそも人間性が嫌い

そもそも人間性が嫌いというのがワースト1位でした。

そりゃそうです。

人間性がそもそも良くない人が上司になれば、確実に嫌われるイヤな上司になっていくことでしょう。

世の中にはいろんな性格や特性を持った人がいます。

上司として部下をうまく使える人材なんてどの会社でもそうそういないものです。

でも管理職はおかなきゃ会社は回りません。

それで上司になるような器じゃなくても上司になってしまう人が出現してくれば、人間性が嫌いな上司が誕生してしまいますね。

ワースト②細いところが嫌い

いますよねー!

やたら細いこと言ってくる上司。

そんなことどっちでも良いじゃん!!

と思ってしまいますが、部署によってはその細かさが重要だったりするんです。

私も丼勘定タイプなので、若かりし頃はそういう細かいこと言ってくる人が大嫌いでした。

でも人に指示を出す立場になった時に気づきました。

私が丼勘定で見逃している細かい部分を、そういう細かいところが気になる人が指摘してくれて大きなミスを防ぐことができたんです。

この経験で「細いことを突っ込んでくれる存在はありがたい」と思えました。

自分自身がざっくりタイプな人ほど『細かい人』は大切な人材ですよ。

上司の場合は「細かくてうるさい」とイラッとくるかもしれませんが、

自分が見逃しがちな細かい部分を指摘してくれるというのは

自分の仕事のスキルアップに確実につながります。

「うざい!」と思って少し前向きに受け入れてみても損はないですよ。

でも私生活とか仕事に関係ないことを細かく突っ込んでくる上司は別です。

それはただのウザい上司なので相手にしないのが正解です。

ワースト③気持ち悪い

生理的に気持ち悪いと思ってしまうタイプは必ずいるので、こればかりはどうすることも難しいです。

特に職場ってその人の仕事での一面しか見えない分、余計気持ち悪く見えてしまったり…

あとは仕草や癖が気持ち悪く感じることもありますよね。

また嫌いな人ほど余計、気持ち悪く感じてしまうのも人間の性です。

ただこの場合、本人もわざとやっていることではないと思います。

そこは仕事のこととは切り離して、別物として捉えるようにしたいなと思います。

相手がどんなに嫌いな上司でも「人としてどうなの?」ってことをした時点で

自分も嫌いな上司と同じことをしてしまっていることになります。

上司が嫌いで限界なあなたのための3つの対処法

上司が嫌いでもう限界!ストレスを溜める前にやるべき3つの対処法!

上司が嫌いすぎてもう限界だー!!

となった時、私がしてきた対処法をお話ししたいと思います。

対処法①誰かに相談する

友人でも家族でも誰でもいいから相談(仕事の愚痴)を話しまくりました。

そこで「そんな上司あり得ないね!」とか「まじ大変だね!」

って言われるだけでもかなり心は軽くなります。

自分の辛さや大変さに共感してらえるだだけでストレスはかなり解消します。

私の若かりし頃はまだSNSがそこまでじゃなくてmixiが全盛期でした。(年がバレるw)

だからSNSとかで愚痴るというよりは直接顔を合わせた人に愚痴ってましたが、今はSNSがあります。

愚痴アカウントというのもたくさん存在します。

なかなか友達や家族に会って愚痴れないという人は裏アカウントで愚痴アカウントを作って愚痴を吐き出すのもスッキリするかもしれないですよ。

くれぐれも誹謗中傷などで特定の人を傷つけるようなことだけは気をつけましょうね。

対処法②異動を希望する

大きな会社であれば思い切って部署異動を希望してみるのもありかと思います。

同じ会社でも部署が変われば、当然上司は変わります。

雰囲気も人も変わりますし、びっくりするくらい働きやすくなるかもしれません。

私自身、お局上司にイジメられた時に会社の配慮で異動しました。

そしたらそっちの部署はみんな気さくで明るくて、雰囲気が全然違ったんです。

もちろんお局上司もいないし最高でした♪

しかも通勤ラッシュと反対方向に出勤できるという素晴らしいおまけ付きで、通勤も楽になり一石二鳥でした。

大きな会社に勤めていて、この会社は辞めたくない!

という人は思い切って異動してみるのも良いかもしれないです。

対処法③会社を辞める!思い切って転職する

上司が嫌いだったら無理してずっとそこで頑張る必要はありません。

世の中にはあなたが思う以上に仕事はたくさんあるし、あなたをもっと必要としている会社があるはずなんです。

だからイヤなら思い切って転職しちゃいましょう!

転職してももしかしたら転職先にまた嫌いな上司がいるかもしれません。

そしたら自分に一番ベストな職場が見つかるまで転職しちゃえば良いんです♪

何を隠そう私は学校を卒業して就職したものの1年で転職してましたw

入社したものの「ここは私には合わない」と思うととらばーゆ(当時の求人雑誌)を買って転職先を探してました。

最初に務めた会社は1年、次に務めた会社は1週間続かず、その次は1ヶ月で辞め、最終的に落ち着いた会社も2年で辞めました。

2年いた会社も1年目でお局のイジメにあい、異動してます。

そして異動後1年で辞めるという。

私かなり迷走してましたw

田舎者なので学生で上京して憧れの東京一人暮らし生活をスタートしました。

でも東京で一人暮らしってお金がかかるんです。

それなりの所に住みたいし、外食だって洋服だってオシャレにしたいんです。

でも普通の会社員の給料じゃ全然無理なんです。

それで1円でもお給料の高くておしゃれな場所(渋谷とか青山とか恵比寿とか)で働きたいってことしか頭になかったんですね。

その結果が短期間で転職を繰り返すという事態を引き起こしました。

それでもお金がもっと欲しくてキャバクラのWワークを始めました。

そしたら「こんな楽しい仕事があったのか!」

ということで会社勤めは辞め、眠らない町『歌舞伎町』の夜の蝶一本に転身して行くわけですw

それでも現在それなりに年齢を重ね、今ではそんなことも全て良い思い出になってますよ。

本当に色々経験したなー。

またこの話は機会があったら別の回でお話ししたいと思います。

話は逸れましたが、私くらいの年になると履歴書に1から10まで自分の経歴なんて書かなし、雇用側もそんなこと気にしてません。

最近は履歴書すらいらない求人も増えてます。

だからイヤだったらら自分が納得するまで転職しちゃえばいいと思います。

繰り返しているうちに必ず何かに気づきますし、世の中ってこんなものなんだってこともわかってきますよ。

全てが自分の糧になっていきます。

色々経験してきたから、自信を持ってそう言い切れます!

【まとめ】上司が嫌いすぎて限界が来たら転職しよう!

いかがでしたでしょうか?

上司が嫌いでもう限界!ストレスを溜める前にやるべき3つの対処法!

について私の体験談も交えながらお話しさせていただきました。

結論!上司が嫌いすぎて限界が来たら転職しましょう!

世の中はあなたが思っている以上に広くて、未知の世界がいっぱいありますよ。

自分を追い込みすぎる必要なんてありません。

どんどん自分に合った環境を探し求めていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。