ファッション情報

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

40代のリュックスタイルは、痛いと思われる事があるようです。

どうしてそう思われるのか、流行に敏感なアパレル店員さんに解説をしてもらいます。

リュックをかっこよく使用する為にも、アドバイスお願いします!!

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

では、お願い致します♪

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

40代といえば、子育て中の方も多いと思います。

子供が小さいと、本当に大変ですよね!

すぐどこかいくから、追いかけなきゃいけないし、また、危ない時は手を繋ぎます。

両手が塞がっていては何にもできません。

リュックは、両手があいて、実用的で、多くの方が、お使いになっているかと思いますが、少々ファッション性に欠けるような感じで使用している方もいらっしゃいます…。

どうしてそう見られるのか、客観的に見つめる事で、改善策になるかと思いますので、アドバイスとしてご覧ください。

原因① スポーティーすぎる

大きな登山をするようなリュックに、カジュアルすぎるスエットのような洋服…。

これでは、ガチ登山です。

公園や街中でこのような恰好をしていると、ちょっと敬遠されてしまうかもしれません…。

リュックがスポーティーなら、洋服にどこか、女性らしさがあると違いますよ♪

また、リュックを変えるともっとイメージが変わります。

登山は登山用リュック。

公園などの軽い外出は、もう少し軽めの、ファッション性のあるものを選ぶといいかと思います。

原因② ガーリーすぎる

ガーリーすぎるのも、ちょっと危険です。

ロングのレーススカートに、カワイイカラーの洋服。

プラスリュックだと、中身はお人形が入っているのかな?

なんて想像されてしまうかもしれません。

女性らしさは必要ですが、ガーリーすぎる格好にはリュックは似合わせづらいです。

ガーリーなら、ショルダーバッグのほうがおすすめですよ♪

原因③ ヒールは合わせづらい

たまに、リュックを背負って女性らしさといってハイヒールを履いている方を見かけますが、上半身と下半身がバラバラに見えてしまう方がいます。

リュックをお使いの場合、女性らしさは洋服で取り入れて、足元でリュックと調和させたほうが良いですよ♪

今は、カワイイスニーカーが沢山でています。

【結論】40代リュックは痛くない!

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

それでも、40代でリュックは痛くありません!

カッコいい大人が持てるリュックもたくさんあります♪

実際にリュックを愛用している大人の方は多くいますし、アパレル店員でも、愛用者は多いですよ♪

使い方次第です♪

次からは、おすすめのリュックコーディネートをご紹介しますね♪

40代のリュックコーデおすすめ5選

では、リュックを使った大人のコーデをいくつか、ご紹介致します♪

自分の性格や好みに合うコーディネートは、何より大事ですから、自分と相談しながら、好みの恰好を参考にしてみてください。

おすすめコーデ①

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

春先に丁度いいコーディネートです♪

こんな爽やかなカラーのリュックなら、都会でもポジティブに使えます♪

サイズ感も丁度いいですよね♪

こちらのリュックは手持ちもついて、背負うのに抵抗がある場所では、手で持つなど、対応調節できます。

形も洗練されていて、カッコいいです♪

洋服は、リュックをポイントにしており、色味を抑えていて、オシャレです。

 

おすすめコーデ②

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

夏旅行には、こんなコーディネートがおすすめ♪

大人のリュックコーデには、ブラックで引き締めが有効です。

どんなカラーでも合いやすいブラックですが、夏には少々暑苦しく見せてしまう事も…。

そんなときは、ノースリーブで、暑苦しさをなくし、靴のカラーで明るく調節します♪

足元のウキウキしたかんじが、夏らしく、全体的にうまくマッチしていますね♪

おすすめコーデ③

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

秋口には、こんなコーディネートはいかがでしょうか。

残暑が残り、まだ暑い日もあるけれど、朝晩は冷える。

そんな時は、サラリと長袖のワンピースで調節します。

オレンジのビタミンカラーをリュックとスニーカーでそろえて、ポイントにしています♪

他は、淡い色で調節して、とてもオシャレですね♪

 

おすすめコーデ④

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

寒くなった秋本番は、ジャケットを羽織って調節するスタイルもおすすめです♪

秋口スタイルが基本ですが、ワンピースの生地を厚くし、さらに、ジャケットを羽織ります。

すると、感じがガラリと変わりますね♪

暖かさがグンとあがり、外に出ても大丈夫です♪

こちらは、ポイントをワンピースにもってきていて、リュックはジャケットにあわせています。

流行のオーバーサイズを着こなすあたり、オシャレですね♪

おすすめコーデ⑤

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

寒い冬でもオシャレに見えるオシャレ上級者のコーディネート♪

こんなカラーのロングスカートを40代で着ても痛くならない上級者さん♪

何故オシャレに見えるかというと、小物使いにあります。

リュックとキャップとスニーカーは黒で引き締めます。

次に、髪型をルーズにアップして今時感を出し、おしゃれ眼鏡で更にトレンドを足します。

すると、こんなにオシャレになるんです♪

リュックを上手く使ってコーディネートすると、全く痛くないどころか、オシャレに見えますよ♪

 

ありがとうございました。

リュックスタイルでも、おしゃれなコーディネートが沢山ありましたね♪

参考にしたいと思います!

まとめ

いかがでしたか?

難しいリュックコーディネートも、うまくすればおしゃれのポイントになったりします。

今はリュックも、レザーやキャンパス地など、素材がたくさんあり、オシャレの幅も広がっています。

それから、ご自分のキャラクターも大事です。

オシャレは自分との対話でもあります。

どんな自分になりたいか。

しっくりくるかですね♪

自分らしいリュックコーデを楽しんで下さいね♪

以上、

40代リュックは痛いと思われる3つの原因【アパレル店員が解説】

でした♪